商品検索
image
現在地 HOME 全件表示 JVC日本国際ボランティアセンター > JVC国際協力カレンダー2014『心のお陽さま』(壁掛型)
JVC国際協力カレンダー2014『心のお陽さま』(壁掛型)
クリックで画像を表示
写真の美しさはもちろんのこと、「書き込みしやすい」「月の満ち欠けが分かる」ことも人気の理由です。

クリックで画像を表示
2014年版カレンダー「心のお陽さま」は写真家・安田菜津紀さんが撮影した世界の子どもたちの表情で12ヵ月を綴ります。

クリックで画像を表示
「身近にできる国際協力」、皆様も一部いかがでしょう。


写真:安田菜津紀さん
あなたもカレンダーを使って、アジア・アフリカの人々の支援ができます(^^♪限定4部。
大変な境遇にありながら、瞳がきらきらした子どもたち。支援するこちらが勇気をもらうことでしょう。

書き込みしやすいです。
月の満ち欠けを表記
サイズ:56cm×38.5cm(使用時)

収益はアジア・アフリカ・中東の農業、医療、栄養、農業技術指導によって人々のいのちの灯を守ります。カレンダー150部で、アフガニスタンでJVCが開設した簡易診療所が一ヶ月運営できます。

JVCで購入する際、送料別で1500円しますが、1000円+送料500円で4部シェアしたいと思います。

JVCはこちらをクリック



1月 雪中に舞う(日本・岩手県)

岩手では比較的温かい陸前高田市も、この日は大雪。川原祭組による1月、小正月の獅子舞。子どもたちがその先頭に立って、家々を回っていきます。壊滅的な被害を受け、町内会の解散を余儀なくされた川原。それでも伝統を残そうと、地域の人々が集まり続ける。
2月 お気に入りの場所(カンボジア)
タイヤの中からこんにちは。お父さん、お母さんが働く食堂のお手伝いの合間の一コマ。兄姉たちの写真を撮っていると、「そうだ、ここで撮ってもらいなよ!」と弟と私を連れて行ってくれたのが、彼の休憩場所。風通しがよく、心地よい。
3月 この街にようこそ!(シリア)
ジャラマナは首都ダマスカス近郊でもキリスト教徒が多く暮らしている街だ。道端を歩いていると、遊んでいた子どもたちが一斉に集まってきた。「マルハバ!(こんにちは)」とアラビア語であいさつすると、彼らも歓迎の歌で出迎えてくれた。
4月 いつも仲良し(カンボジア)
カンボジアでは、小学校でも制服を着て登校する。校舎の数が足りないため、授業は午前中の授業、午後の授業でクラスが分かれている。午後の授業が終わり、子どもたちが一斉に外に集まってきた。静かだった校庭が、あっという間に笑い声でいっぱいになる。
5月 大切な時間(ヨルダン)
イラク戦争によって治安が悪化し、隣国に避難してきたアイシャちゃん、10歳。家族はヨルダンに暮らすのではなく、より安全な国に脱出し、第三国定住を目指している。アイシャちゃんもそれに備え、毎日英語の勉強に励む。
6月 朝のやすらぎ(マレーシア)
首都クアラルンプールにあるマスジッド・ヌガラは、1965年に建造されたまだ新しい国立モスク。礼拝堂の外部屋に静かな時間が流れる。お祈りを終えたばかりの親子。礼拝後もお母さんが熱心にコーランを読んで聞かせていた。
7月 日暮れのひととき(カンボジア)
夕日がきれいなプノンペンの街。広場で子どもたちとサッカーに夢中になっていると、あっという間に夕方になってしまった。まだ帰りたくない子どもたちが、木登りを始める。器用にバランスをとりながら、「撮って!」と得意気なポーズ。
8月 一緒に遊ぼう!(カンボジア)
いつもお世話になっている村にたどり着くと、いつも出迎えてくれる少年、トーイは遊びに夢中だった。目の前まで近づいていってようやく「わ!」と気が付いてくれた。村の子どもたちの最近の流行はおはじき遊びだそう。
9月 共に明日へ(ウガンダ)
アフリカ最大の湖、ビクトリア湖のほとり。レーガン(右)と兄(中央)、従妹の3人で夕方のお散歩。兄のリチャードは2人の進学を支えるため、学校を中退して湖近くの市場で働いている。レーガンの夢は、弁護士になることだ。
10月 僕の仲間たち(ウガンダ)
ルウェロ県の朝。水汲みを終えて広場に集まっていた子どもたちが、「ハロー、ムズング!(外国人)」と元気に声をかけてくれた。この周辺では親を亡くした子どもたちも、そうでない子どもたちも皆通えるよう作られた学校で、多くの子どもたちが学ぶ。
11月 出発前に1枚(インド)
朝のデリー駅前。長距離列車も停まるこの駅では、これから地方に向かう人、地方から向かってきた人でロータリーが埋められていく。電車を待っていた少年たちが、「ねえ、ちょっと1枚撮ってよ!」と陽気に声をかけてくれた。
12月 小さな漁師たち(日本・岩手県)
陸前高田市、広田半島の先端にある根岬漁港。寄港した第二志田丸の上で、「これ、メスかな?」「え~オスだよ」と菅野航生くん、夏生くん。沖から帰ってきたおじいちゃんの水揚げをお手伝い。毛ガニやツブ貝など、豊かな海の幸が二人を囲む。

各月のお写真はこちらでご覧ください。


価格:1,000円
在庫切れ、お問い合わせ下さい    
image
Copyright © ヒーリングサロン☆StarLights☆手作りアロマ雑貨. all rights reserved. Powered by FC2レンタルカート